仮想化基盤によるサーバ削減効果

subpage01

仮想化基盤はサーバを効率的に使える情報基盤です。

47NEWSに対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

これまでの使用率が低いがサーバを業務ごとに増やしてきた企業にとっては仮想化基盤を利用することでサーバが安全にまとめられるのはメリットが計り知れません。

特にサーバを減らすことによる経費や人員削減効果はメリットがとても大きいです。

サーバを減らした際にすぐに分かるのが経費削減効果です。サーバの台数が増えると比例して増えるのがメンテナンス費と人件費です。

特に人件費については24時間稼働のサーバの場合顕著となります。

しかし、仮想化基盤を利用することでサーバの台数が減り、また、仮想化基盤にはメンテナンスソフトが導入されることが多いので効率的な管理ができるので人員の削減にも繋がると期待されています。
人員については削減するしないよりも確保の方が難しい現状があり、サーバの台数は出来る限り増やしたくないという企業が多いです。経費削減については電気代と空調設備費がもっともよく効果が出てきます。

Nutanix選びをお手伝いします。

電気代については従来のサーバに比べて半分以下に削減できたという事例も多く、中には古いサーバを減らしたことで電気代が3分の1になったというケースもあります。
サーバは省エネ効果が高いCPUが搭載されてきていますが、使用率が低いサーバが何台もある状況では電気代は無駄でしかありません。
1台にまとめることで使用率が少ないOSがたくさんあっても電気代の削減に繋がりますし、随時スリープを利用することでさラなる電気代の削減も可能です。



技術をもっと知る

subpage02

仮想化基盤を導入する理由の一つに経費削減があります。仮想化基盤を利用することでサーバの台数が減りますので全体的なコストが大幅に減ると考えられてます。...

NEXT

身に付けたい知識

subpage03

仮想化基盤はコンピュータリソースを最適化してくれる仕組みですが、利用にあたってはさまざまな目的に合わせて設定していくことになります。仮想化基盤の利用目的でもっとも多いのが経費削減です。...

NEXT

注目情報

subpage04

仮想化基盤を導入する場合、管理者は2重の権限を持つことになります。1つは仮想化基盤自体の権限、2つ目は稼働している各OSの権限です。...

NEXT

知識を増やす

subpage04

仮想化基盤はサーバ対応も多くなり、導入しやすい環境が整ってきていますが、実際に導入を決める企業は大きく分けて3つの理由があるといわれています。1つはコスト、2つめは障害、災害対応、3つ目はリソースの最適化です。...

NEXT