仮想化基盤による経費削減

subpage01

仮想化基盤を導入する理由の一つに経費削減があります。
仮想化基盤を利用することでサーバの台数が減りますので全体的なコストが大幅に減ると考えられてます。



そもそもサーバについては1台のサーバに複数のOSを入れることは考慮されておらず、業務内容によってはサーバの使用率が低いがサーバを増やすことになるケースが少なくありません。そこで仮想化基盤を利用して使用率を考慮してサーバの台数をまとめることが検討されてきてます。

多くのサーバは使用率が10%を超えないケースが多く、1台のサーバに複数のサーバをまとめても問題がないケースが殆んどです。使用率が高いサーバについてもさらに高機能なサーバを利用して他の使用率の低いサーバと合わせて利用するケースも多くなっています。

仮想化基盤を利用することで削減される経費は電気代がもっとも多くなっています。

NAVERまとめの最新情報を紹介しています。

電気代についてはサーバ本体以外にも空調設備でかかることが多いです。


特に夏冬関係なく、サーバを設置した部屋は暑くなりますので空調設備は重要になってきます。

また、仮想化基盤を利用することでサーバの台数が減ることで空調設備自体の設計を見直すこともでき、経費削減は電気代以外にも良い影響があります。



また、サーバはメンテナンスが必要ですが、ハードウエア保守も削減できますし、サーバをメンテナンスする人員を減らすことが可能です。

サーバメンテナンス要因は人件費が上がってきていることもあり、企業にとっては削減効果に注目していることが多いです。