仮想化基盤の導入理由

subpage01

仮想化基盤はサーバ対応も多くなり、導入しやすい環境が整ってきていますが、実際に導入を決める企業は大きく分けて3つの理由があるといわれています。

1つはコスト、2つめは障害、災害対応、3つ目はリソースの最適化です。


コストについては10台以上の物理サーバある場合はコスト的に下げられる可能性が高くなります。



ただし、物理的なサーバ自体のバックアップ体制をどのように考えるかでコストは大きく変わってきます。
バックアップサーバについてはホットスタンバイさせるの通例ですが、クラウド連携をしていざというときにはクラウドでサーバを起動させる企業も増えてきています。


このような企業は災害時に社屋が使えない場合でも業務を遂行するために仮想化基盤を導入してきています。



災害などの場合、新規にサーバが取り寄せられないケースも多く、電気やインターネットが復旧するのが早くなってきていることから仮想化基盤とクラウドの連携に力をいれるようになってきています。


仮想化基盤はリソースの最適化でも利用されています。
物理的なサーバが複数ある場合、使用率はとても差が大きくなるのが通例です。

そのため、CPUやメモリなどを共通基盤にもってくることでOSごとに専用サーバを用意したかのように仮想化基盤で設定をします。
基盤上で動作するOSのリソースはリアルタイムに変更することができるようになったことから、足りなくなったら他の物理サーバに移動させる、使われていなければリソースを縮小させるなどリアルタイムに物理サーバを管理できるようになっています。

効率がいいlivedoorニュース関しての情報探しを行うならネットが便利です。